時折鳥撮り

birdperch.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 20日

蜻蛉を咥えた 「ツバチ」

なでしこジャパンの快挙の興奮から醒めない、台風6号の影響もあって
鳥撮りには出かけられないが TVに出演する「なでしこ」面々の笑顔を
拝見しているだけでウキウキして来る (*^_^*)

気分よくTVを見ながら、埋もれていた風景の画像データをチェックした
開いていなかった8GBのカードの中に鳥の飛翔画像が混ざっていた

今月初めに遠征への気力も湧かず、いつもの公園の渚に出かけた時に
私の真上を飛回っている一羽の鳥を見つけたので、手持ちにして撮った
記憶があるが…証拠写真のつもりだったし、夜景の画像と一緒になって
いたので確認もしていなかった

開けてビックリ...ツバメの様な尾羽の鳥、拡大して見たら 「ツバチ」 !!!
トリミングすると更にピン甘だが、思わぬプレゼントに嬉しくなって来た
c0148230_18342254.jpg

露出などを設定し直すこともせずに撮ったので、羽の赤っぽい色は出てないのが残念!
c0148230_18322148.jpg

向きを替えた画像は...嘴にトンボを(オニかな?)咥えていた
c0148230_18332625.jpg

鳥名:ツバメチドリ
[PR]

# by birdperch | 2011-07-20 18:30 | 野鳥
2011年 07月 17日

美味しそうなエビ

暑いので遠征でもしようかなと考えたが、連休中の撮影地は避けたいし
台風の影響を受けそうなので、やんごとなき都心の公園で誤魔化す...
蓮の葉の水玉が涼しそうだった
c0148230_1651932.jpg

鳥名:カイツブリ
[PR]

# by birdperch | 2011-07-17 16:30 | 野鳥
2011年 07月 16日

生まれたての雛

ある鳥さん狙いで出かけた渚で生まれたての雛を見つけた
c0148230_1135323.jpg

もう一羽が離れた場所をウロウロしながら、近づいてくる...
c0148230_11211959.jpg

フワフワの幼い羽毛が可愛い、まだ眼が開いていないけれど眩しいのかな!?
c0148230_1119119.jpg

この雛 私に近づき過ぎたことに気付き地面に伏せた...隠れたつもりなのだろう
c0148230_1132760.jpg

母鳥が警戒していて可哀想なので、その場を離れることにした
c0148230_11263581.jpg

鳥名:シロチドリ 母と雛
[PR]

# by birdperch | 2011-07-16 11:55 | 野鳥
2011年 07月 13日

渚の雛

画角から親の羽がはみ出してしまう...広重の「深川洲崎十万坪」には到底及ばぬ画だが
構図的には小さい雛と親の対比ができるのではなかろうか...負け惜しみである (-_-;)
c0148230_1883754.jpg

鳥名:コアジサシ
[PR]

# by birdperch | 2011-07-13 09:20 | 野鳥
2011年 07月 12日

蓮華躑躅と野鳥

本文と話しは違うが、昔と違い 当ブログの魅力(あったか?)も褪せた様である
アクセス数を意識する方ではないので、他へ数稼ぎコメに行ったりもせず
今や人知れず静かにブログ運営しているので、これはこれでいいのだろう

今日も暑いが、ベランダに発生している蟻退治を仰せつかり 鳥撮りは断念
こんな高層住宅のベランダ迄上って来るなんて、何と健脚な蟻達だろうか (・・;)
仰せの仕事も終え、タイトル向けの画像消化ができたので蟻さんに感謝しておく

本人は一枚一枚のモチーフが各々別物と思って撮影している...のだが!!!
同じ様に見える画像を羅列しているが画を見る人はどう感じているのか知りたい
と思って... ついつい、コメント欄を開けそうになるのだが 不可に✔を入れた

以前の様に鳥友がいればアドヴァイスを頂けるのだが、鳥友作りは容易ではない
変わってはいるが嫌われるタイプではないので、鳥撮りの現場では楽しく過ごし
思わぬ様なご厚意を頂くこともあるが、鳥友に迄は発展しないのが現実

躑躅の花  ※花の実像を入れる為に縦構図
c0148230_14264735.jpg

花の咲く空気感  ※レンズを上に振ったら、上部に白い花のボケが映り込む...こんな空気感が好きだ
c0148230_14352260.jpg

虫を咥えた黒い装い王子
c0148230_14392595.jpg

躑躅の花 ※躑躅に多く乗ったが余り撮らなかった、特にこの花は際立ち過ぎるので、キスゲならOK!
c0148230_1551655.jpg

躑躅とコバケイソウの花  ※帰路途中の休憩時 撮影
c0148230_15565997.jpg

鳥名:ノビタキ & ホオアカ
[PR]

# by birdperch | 2011-07-12 20:00 | 野鳥
2011年 07月 11日

高原へ花と鳥探し ⅳ   「プレゼント」

梅雨が明けて今日も酷暑なので...家で涼みながら鳥達の画像整理

黒い装い王子からの黒字に白い模様が入った姫へのビッグなプレゼント
c0148230_9505562.jpg

プレゼント攻防の結果は...
c0148230_9533769.jpg

鳥名:ノビタキ♀
[PR]

# by birdperch | 2011-07-11 09:59
2011年 07月 10日

高原へ花と鳥探し ⅲ   「岩場にて」

他に誰も来ることもない静かなこの場所は蓮華躑躅の花が程良い感じに咲いていた
夏羽のオスがとまった岩は景色を独り占めにしている私が先程まで花を愛でながら
昼食をとっていた場所
c0148230_1752595.jpg

捕えた虫を見せびらかしているのだろうかと思うぐらい、近くの樹の天辺に何度も留まった
後で判ったのだが実は私ではなく、新婚!?の彼女の為だった
c0148230_18191653.jpg

鳥名:ノビタキ♂
[PR]

# by birdperch | 2011-07-10 18:27 | 野鳥
2011年 07月 09日

高原へ花と鳥探し ⅱ   「緑色の背景」

霧で有名な高原と同じ様に躑躅が咲いている彼の高原に出かけて見た
この場所は若い頃に避暑がてら出かけた社の山小屋があったが場所
現在はあの瀟洒な建物はなく、管理人が植えてくれた躑躅だけが残る
思い出も残る地はそっとしておきたい場所...

濃い花なので最初の内は躑躅を避けて 野鶲と緑の空気をコラボした

緑色の餌を銜えて
c0148230_1182539.jpg

小さな甲虫類を銜え 同じ枝に何回もとまる...、縦構図だと雰囲気も違うね!
c0148230_11223367.jpg

鳥名:ノビタキ
[PR]

# by birdperch | 2011-07-09 11:30 | 野鳥
2011年 07月 07日

高原へ花と鳥探し  「無彩色の背景」

鳥撮り仲間からの声も掛かることもなく、この初夏の鳥撮り遠征は顎が出ない程度の
山行きを重ねている
しかし、山は高く行き過ぎると風景は無彩色に染まって(変かな?)彩りを添えようもない
鳥をでかく撮る趣味ではないので、こんな距離間で鳥撮りするのは自分にピッタリ
c0148230_1651969.jpg

背景に鮮やかな色がないと...鳥さんの頬の赤っぽさが際立つ
c0148230_16534671.jpg

鳥名:ノビタキ(上)  ホオアカ(下)
[PR]

# by birdperch | 2011-07-07 17:17 | 野鳥
2011年 07月 06日

不思議な行動

突然、舞い降りて 
5分近く身動きもせずに芝生にピッタリと貼りついている...何をしていたのだろう???
c0148230_1850168.jpg
 
トリミング画像を 見ても芝生の長さぐらいに伏せていたので、他の人は誰も気づかなかった様だ
c0148230_18553694.jpg

画像を見せると砂浴びのような行為ではないかとコメントをくれたが、どうだろうか???

鳥名:ツミ♀
[PR]

# by birdperch | 2011-07-06 20:30 | 野鳥
2011年 07月 05日

生きる為...

コメントなし
c0148230_18263161.jpg

c0148230_1827663.jpg

c0148230_18373375.jpg

c0148230_18403153.jpg

[PR]

# by birdperch | 2011-07-05 19:03 | 野鳥
2011年 07月 04日

フィールドでは仲良く

今日はとても暑い日、近場の海浜公園には何とか言うサギがいるらしいが
年で可笑しくなって来た頭頂部にダメージを受けそうなので今日は諦めて
相変わらずの在庫で楽しみながら 今日もツミ繋がりで更新

この小さな猛禽は雄の姿も良いが、雌の姿は威風堂堂と逞しさえ感じる
今回の画像は全てが雛とは別フィールドの雌
c0148230_1464226.jpg

手持ちのカメラマンさんが私のレンズに被って鳥撮りを始めた (・・;)
西も東もマナーとは何ぞやか判らん人が多いが、人の振り見て我が振り
直せと思いつ、静かなる止まりものを大連写する御仁に自分を見つけた
c0148230_1483875.jpg

先日も某沼のサンカノ何とやらを撮りに出かけた時にも朝早くから来ていた
カメラマンが後から来た地元のカメラマンに八つ当たりなのか何んなのか
判らないが...大層つっかかっていた、仲良く鳥撮りすれば楽しいのにな!

この日は余り暑くはなかったので頭に血が上る程度で倒れる人もなかった
そう言えばこの時もしっかり被られて飛びものはゲットできなかった(・・;)
c0148230_1492115.jpg

鳥名:ツミ雌
[PR]

# by birdperch | 2011-07-04 14:43 | 野鳥
2011年 07月 03日

雛の親は狩人

前にいたA県ではツミを見ることは稀だったのに関東の野鳥フィールドを探し歩く度に
ツミに出くわし、その個体数の濃さにはびっくりしてしまう自分がいる...

そう言えばリンク先のブログに桜がらみのツミの写真を掲載しているのを見たことが
あるが、青葉の中に佇む絵しか見ていなかった自分にとっては新鮮なことに思えた

その場所も今では何処か判っているが、旬には撮ることもできないのが日常である

今年の内に老骨鞭打ち情報収集を行い、歩き回り撮影しているが未だありきたりの
レベルに留まるが、行く末には よいのも撮れるのだろうと思いつつ頑張る...


雛達に与える狩りの成果を足にしっかり掴んで   ※足で押えている獲物の一部分は凄惨なのでペイントで隠しておいた 
c0148230_1741934.jpg

ママを呼びます
c0148230_17314980.jpg

早く来なさいと促している    ※羽のブレ感を出したいのでシャッター速度を押さえて見た
c0148230_17342356.jpg

餌の引き渡し直前の構え...パパよりも大きなママが突っ込んで来るので、跳び上がる体制で待機
c0148230_1735289.jpg

さて、この後の瞬間を捉えることができたでしょうか...???

鳥名:ツミの♂成鳥
[PR]

# by birdperch | 2011-07-03 17:55 | 野鳥
2011年 07月 02日

雛から幼鳥へ

記事中の雛達は既に巣立ちを完了、解禁と判断して巣立ち前の画像をアップする

※一部では既にアップされている様だ 公表のタイミングは慎重にしたいものだが考え過ぎだろうか?!

孵化したての数日間は巣に近づいての撮影を避けていたので、数日経った日の撮影
数日前の雛は混じり気のない白い羽毛を全体に纏ってぬいぐるみの様に可愛かった
c0148230_16463456.jpg

その数日後には胸の辺りのフワフワした白い羽毛の一部に色の変化
c0148230_16492611.jpg

上の画像から5日後 、いよいよ巣立ちの瞬間へ...  顔つきも精悍になった
c0148230_16525593.jpg

雛達は次々に巣を離れ近くの枝に移っているが、完全な独り立ちには厳しい試練が
待ち構えていることだろう
c0148230_16564495.jpg

親達の給餌の回数も減って来ているし、暑さに耐えなければならない

鳥名:ツミ

次回からの記事は某高原の花と野鳥の撮影した記録もあるのだが
他のフィールドも含めたツミの成鳥達の様子を掲載して見ようかな...
[PR]

# by birdperch | 2011-07-02 17:33 | 野鳥
2011年 07月 01日

巣立つ

巣の中でお母さんの優しさに包まれた四羽の雛が巣立った
何ヵ所かのフィールドの中で最初に巣立ったのだとか...
地元の方が誇らしげに語ってくれたことが自分のことの様に
嬉しく感じている 次回から育って行く過程を更新したい
c0148230_1910456.jpg

c0148230_19171347.jpg

c0148230_19175067.jpg

鳥名:ツミの雛達
[PR]

# by birdperch | 2011-07-01 19:19 | 野鳥
2011年 06月 26日

夜景も手ぶれ

昨夜は我家の南西方向で花火が打上げられたが、数分程度だっただろうか
カメラを用意できた時には終演、仕方がなく南東方向の夜景にカメラを向け
撮ってみたが、手持ちではこの手の光の画像を撮るのは難しい (^^ゞ
c0148230_13273391.jpg

この夏は恒例の湾岸花火は中止になって、この光を発する建物の住人達も
眼下に広がる花火の饗宴を楽しむことができずに残念がっているそうだ...
[PR]

# by birdperch | 2011-06-26 13:31 | 風景
2011年 06月 25日

おにぎりに花とボヤキのおかず

今日は家で留守番、昨日は新しいフィールドへ下見のつもりで出かけたが
立っているのも厳しい強風で成果はゼロ、前述の「花と鳥」タイトルの記事に
花の画像を載せていなかったので、記事の繋ぎに花のスナップ写真で更新

私の側で食事をしながら...三ヶ所も廻ってコマドリ君に会えなかったよ!と
隣県から見えた二人組の大変疲れた様子の鳥撮りさん達のボヤキの連発と
側に咲いていた花をおかずにして、高原で昼食タイム
c0148230_10535189.jpg

c0148230_10532110.jpg
c0148230_10533387.jpg

[PR]

# by birdperch | 2011-06-25 11:18 |
2011年 06月 23日

花と鳥

22日の早朝 好天と言うことで高原の空気に親しんで来た
先日の某高原と同様に野鳥の声も少ない、探鳥の人達は
何でこんなに鳥達が減ってしまったのだろうと溜息溜息…

ハイカーの人達は500ミリを装着したカメラを持つ私を見て
声をかけて来る、三脚をつけずに凄い腕力ですねと言われ
「三脚は欲しいがハイカーに迷惑かけるので」と苦笑いした

その時に撮っていた画像だが500mm手持ちでは厳しい
腕力は兎も角、撮影の腕が追いつかないのが事実
c0148230_18245597.jpg

カップルがいたが遠かった
c0148230_18325943.jpg
c0148230_18332081.jpg

鳥名:ノビタキ
[PR]

# by birdperch | 2011-06-23 18:37 | 野鳥
2011年 06月 21日

高原にて

少し曇り空だったが、当分天候回復はないだろうと高原で歩いて来た
一番電車に乗って...ローカルバス&一番頼りになる我が2本足

高原の空気を満喫、季節の花々を撮り…気がついたら終バスリミット

そう言えば鳥さんを撮ってない、ギアを切り替えて 駆け足しながら
夏羽の君を何枚か撮影し、終バスに何とかセーフ  ふう……

鳥さんも忙しそう    
c0148230_1738532.jpg

こんなに遠いのに眼に光が入って撮れた (^_-) 判るかな... ^^?
c0148230_1741892.jpg

“花がらみで撮らないの?...余程の鳥好きだね~”って 囁いた
実は花が入ってしまい、よくある画像になってしまうので縦撮りで
c0148230_17412512.jpg

鳥名:ノビタキ

実は花を撮るふりしながら、花&鳥を沢山撮ったが...公表しませんよ!
何処ぞのブログで見た様な構図ばかり、綺麗が好い画像とは思わないし...
[PR]

# by birdperch | 2011-06-21 18:17 | 野鳥
2011年 06月 16日

波飛沫

随分と昔(機材がデジスコ時代)行ったことがある有名な磯浜に出かけた
この場所は波があった方が動きのある画が撮れることは解っていたので
多少、風のある日を選んだ    (機材には良環境とは言えないが)

飛沫と一体となって飛びだす   (一番欲しかったシーンを手前の磯でゲット :出来は不問)
c0148230_183185.jpg

一番奥の磯は波が来ない時にはまあまあの大きさがあるので 
c0148230_18372824.jpg

よく降りるが
c0148230_18183764.jpg

少しでも大きめの波が寄せると磯も波に隠れ...大騒ぎ
c0148230_18115235.jpg

鳥名:アオバト
[PR]

# by birdperch | 2011-06-16 18:41 | 野鳥
2011年 06月 14日

鴉に追われて...

こりゃかなわぬと慌てて飛びだし...北の方に飛んで消えて行く
c0148230_20411667.jpg

それから10キロは歩いただろうか、休憩していると周りで鴉が騒ぎだしたので見回すと
c0148230_2046434.jpg

さっきのと同個体だろうか
c0148230_20471795.jpg

鴉に追われ、今度は南の方に消えて行った
c0148230_20474685.jpg

鳥名:サシバ 若い雌かな?
[PR]

# by birdperch | 2011-06-14 21:00 | 野鳥
2011年 06月 12日

葦切が飛ぶ湿地帯

季節外れの猛禽フィールドに懲りもせず行った (これで続けて三回めだが冬が楽しみだ)

カッコウが鳴く小道を歩くと葦原の中で大・小が大声小声で鳴いている
近くには止まらないが、熟れた桑の実を頬張りながら写して見た
c0148230_16121187.jpg
c0148230_1612213.jpg

飛んだ先で囀る...縄張りの桑の実を盗った鳥撮り人を威嚇したのだろうか!?
c0148230_1615212.jpg

ふと、口をぬぐった手を見ると真っ赤に染まって、桑の実を食べたのも大バレバレ(^^ゞ

鳥名:コヨシキリ
[PR]

# by birdperch | 2011-06-12 16:18 | 野鳥
2011年 06月 11日

梟 雛の仕草  「羽の形色々」

きりがないので “雛の仕草” この辺りで強制終了...そろそろ、旬の鳥さん風景を探しに出かけましょう!

先ずは翼延ばし正面向き
c0148230_17242048.jpg

エンゼルスタイル斜め正面向き
c0148230_17243768.jpg

右翼延ばし後姿
c0148230_1725455.jpg

エンゼルスタイル後姿
c0148230_17252278.jpg

左翼延ばし後姿
c0148230_17255447.jpg

情報を下さった鳥撮りさん有難う m(__)m  又、新鮮な情報をお待ちしま~す(^_-)
[PR]

# by birdperch | 2011-06-11 17:38 | 野鳥
2011年 06月 10日

梟 雛の仕草  「つぶらな瞳」

生まれて間もない雛は穢れのない優しい眼をしています
c0148230_15401712.jpg

大きくなると動物も人も...何故この雛の様な透き通った瞳ではなくなるのでしょうかね!?
c0148230_15414577.jpg

[PR]

# by birdperch | 2011-06-10 15:45 | 野鳥
2011年 06月 10日

梟 雛の仕草  「見上げる 」

小鳥が近づいたり
c0148230_11161248.jpg

この時は陽射しが真上から指し眩しかった様だ
c0148230_11162974.jpg

雛は何か周りに変化があると上を見上げる...、その動きが可愛くて たまりません 
c0148230_11224675.jpg

[PR]

# by birdperch | 2011-06-10 09:00 | 野鳥
2011年 06月 08日

梟雛の仕草  「 wink 」

梟の続編   

雛の様子は見ているだけで楽しくなりますね (*^_^*)

羽繕いする時は何故か目をつぶります  ...気持ちがいいんでしょうか
c0148230_9245992.jpg

片目だけ開けて、こっちにウインクしてくれた...
c0148230_9254046.jpg

鳥名: 梟
[PR]

# by birdperch | 2011-06-08 09:51 | 野鳥
2011年 06月 07日

高原の代役 「広大な湿原」

毎年 会うのが楽しみで夢にまで見る赤翡翠と暗い林の中で尾を靡かせ飛廻る月日星
嘶く駒鳥、青き小瑠璃、歌い続ける鷦鷯etc.再会を狙うには棲家の選択間違いしたかも
...いつの日にか その答えは出るのだろう (・・;)

そんな苛立ちを拭う為でもないが、初めてのフィールドを捜しては歩き回る日々を重ねる
この行動が今後の鳥撮りによい展開になることを願って止まない

シーズンオフのフィールドに出かけて、季節外れの鳥撮り人に怪訝な視線を向けて来る
中には親切な軽トラックの小母さんは“今なら梟の子供が見れるよ!” と教えてくれた
かなりの距離を歩いた林の中で その被写体(6/6更新画像)を見つけることができた

光も悪く、とまっている場所も今一つだが、撮り終えて来季の為のロケーション確認の
つもりで歩き廻っていると獲物を狙うノスリが空を舞っていた...えっ、私が獲物???
c0148230_17255182.jpg

c0148230_17272941.jpg

鳥名:ノスリ
[PR]

# by birdperch | 2011-06-07 17:40 | 野鳥
2011年 06月 06日

可愛いか...可愛くないか

どちらと言えばよいのだろうか...幼くても猛禽の形相
c0148230_21333649.jpg

巣立ちした雛は既に悪ガキの様相だが
c0148230_2134292.jpg

親にとっては可愛いくて目に入れたい程 可愛いだろう
c0148230_21243835.jpg

鳥名:トラフズク
[PR]

# by birdperch | 2011-06-06 21:35 | 野鳥
2011年 06月 05日

夢の中で...

何を見ているのでしょうか...

オナガのいたフィールドでお会いした方からお聞きした日、鳥友のH氏からも鳥情報を頂いた
初見ではないが、興味津々で出かけて正解 (^_-)
あどけなく可愛らしい幼い子の仕草にうっとりしながら、シャッターを切りました
c0148230_16541782.jpg

目覚めた時の大あくびも可愛い
c0148230_16581143.jpg

鳥名:梟
情報を頂き有難うございました 又、何かありましたら宜しくです_(._.)_
沢山 撮れたので続編で 「福」 をプレゼントします
[PR]

# by birdperch | 2011-06-05 17:10 | 野鳥
2011年 06月 04日

この風景に注釈はいらない

今日この頃は皆さん神聖な森に出かけていることでしょ~ね(^_-)
こちらは何とも情けない話し、平地で鳥さん求めて彷徨い歩く

例年の行事だったのだが、その内…何とかなるでしょ~かね???

あてもなく立寄った田圃には清々しい初夏の風が漂っていた...
水鳥を余り撮らない自分も漂う空気感に酔ってしまい パッシャ
シャッター切れば 歩き回った疲れも吹っ飛んでしまうものです!
c0148230_16174493.jpg

鳥名:チュウシャクシギ
[PR]

# by birdperch | 2011-06-04 16:21 | 風景